消費者金融 銀行カードローン

消費者金融は一括返済できる?メリットと注意点について

消費者金融でお金を借りている人のなかに、一括返済で全額支払ってしまいたい、と思ってる人もいると思います。一括返済のタイミングは人それぞれですが、ボーナス、その他の臨時収入が入ったとき、あるいは、少額の残高を給料日にまとめて一括返済したい、ということもあると思います。

 

ここでは、消費者金融の一括返済のメリットや注意点などについて説明していますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

■消費者金融の一括返済とは?

 

まず、消費者金融の一括返済というのは、
 「今ある借金の残高を全額返済して、借金0の状態にすること。」
を言います。

 

たとえば、消費者金融に申し込んだときに50万円の借入れを行い、その後、返済を続け、残高が20万円になったときに
 「20万円全額支払って、残高を0円にすること。」
が一括返済のことです。

 

■一括返済はいつでも可能か?

 

また、金融機関にもよりますが、基本的には、一括返済はいつでも好きなタイミングでできます。つまり、最初にまとまった金額を借入し、しばらくは少しずつ返済し、ボーナス時にまとめて一括返済をする、というような消費者金融とのつき合い方も可能ということです。

 

ただし、中小の消費者金融などでは、一括返済そのものができない場合があります。キャッシングの利用中に一括返済を予定している場合は、必ず一括返済が可能かどうかの確認が必要になります。

 

■一括返済することのメリットとは?

 

一括返済することのメリットは、金利の負担が大幅に減らせることです。たとえば、年率18%のキャッシングで残高が20万円、毎月1万円ずつ返済していたとします。

 

この場合、毎月1万円ずつ返済していると、消費者金融への返済が終了するのは24ヶ月後、その間の利息は「39,554円」にもなります。

 

一括返済をすれば20万円の支払いで済み、分割で支払いを続けていると、合計239,554円の支払いが必要になります。この支払い総額を大幅に減らせるのが、一括返済の大きなメリットになります。

 

■消費者金融に一括返済する上での注意点について

 

一括返済をする注意点は少ないですが、トラブル防止のためにも、カードは解約しておいたほうが安全です。使ってもいない消費者金融のカードを紛失してしまい、不正利用の被害に遭う可能性がないわけではありません。一括返済後にキャッシングの必要が生じたときは、あらためてローンカードの申込をするのがいいと思います。